• Delicious
  • Digg
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Youtube

You need to upgrade your Flash Player to version 10 or newer.

BYU sells assets? (BYUが不景気?)

We've seen many companies that go out of business in America during this past 18 months. Companies & Corporation that survive this economical turmoil continues to suffer from cutting budgets and firing their employees. Brigham Young University is not exempt from this. この18ヶ月間でたくさんの会社が不景気の影響で潰れ、たくさんの会社がリストラ、経費の減少などで苦しむのをよく耳にしたが、BYUもどうやら、この不景気の影響からは逃れられなかったようだ。

For example, BYU had greatly reduced the budgets in Graduate Program in Statistics Department. Few classes were cancelled, soome scholarships been reduced from full to half. As a student, I have seen how this depression has affected the academic world. 例えば、わたしの通うBYU大学院の統計学部の経費がざっぱりと少なくなり、来年提供されるはずだったクラスがスタッフの人数の関係でキャンセルになったり、奨学金のもらえる分が少なくなったりした。学生として、この不景気の影響が学問の世界にまでおよんでいるのを肌で感じた。

Department of Human Performance has dramatically changed their policy about school gym and other sporting facilities. Until April, BYU offered free access to gym and free t-shirt, towel, shorts, socks, swimming attire, and jocks rental. They discontinued that in May. Students must now bring their own t-shirt, towel, shorts, socks, etc.. スポーツ科学部も学生に無料でオファーしているジムや、設備のポリシーをガラリと変えた。今年の4月まではジムは無料で使え、無料でスポーツ用のシャツやズボン、タオル、靴下や、サポーターなどを便利にレンタルできたのだが、5月になって、レンタルができなくなって、ジムを使用する学生、教授達はすべてシャツやズボンなどを持参しなければならなくなった。

What suprised me was that they are now trying to sell their assets (BYU is not going "out of business"; it certainly is not). Here is the post I saw on the wall after my workout yesterday. 一番驚いたのは、今まで使っていた物を売ろうとしている事だ。昨日、ジムに行った時にこんな紙が壁にはってあった。

Basically, they are selling all the t-shirts, shorts and stuff. Wao. BYU is doing whatever they can. Recall that BYU is mostly funded by tithing money and the donations from alumni. The Church seem to be adjusting to the surrounding economy even though there are plenty of funds in the Church. 要するに、今までレンタルで使っていたスポーツ用のシャツやズボンなどを売るということらしい。BYUの資金ほとんどは末日聖徒イエスキリスト教会の什分の一や卒業生からきていることを思いだしてほしい。教会もまわりの経済環境に合わせて資金を減らしているから、学部側も色んな面で大変なのだろう。

On the different note (あまり関係ない事だが...)

We made a transition to new BYU ID card this year. 今年になって、古いBYUのIDカードから新しいにカードに変わった。

BYU is now trying to complete this transition. There seem to be lot of students who are procastinating to go to the ID center and get their new ID. The gym is now posting this paper around the building to give incentive to the student to get their new ID card. しかし、新しいIDカードを作るためにはIDセンターに足を運ばなければいけないので、グズグズしてまだやっていない学生も多いらしい。大学側はこのIDカードの変更を早く完全にしたいのであろうか、ジムに行っている学生達に早く新しいカードを作るように、このような紙を張って動機を作らせようとしていた。

It says "June 1 2009. YOU will need the new ID card." But then I saw this bizarre paper in a different part of the building. 紙には『6月1日には新しいIDカードが必要』とある。つまり、そうしないとジムが使えないのである。なるほど。しかし、今度は建物の違う所で同じお知らせ紙がはってあったが、こんな紙だった。

You may ask "Okay... whats special about that?" これを見て『この紙のどこがおかしいの?』と思われたかもしれない。

Are you out of your mind??? Look at this! It's a liquid spill on the paper? What kind of liquid it looks like? BLOOD! しかし、よーく見ていただきたい。何なら液体がこぼれたような絵が書いてあるが、一体何の液体と思われるか?血でしょ、これって!!!

I just thought this was so bizarre that they thought it would be nice to print the reminder about the new ID on the bloody paper. what were they thinking? Thanksfully, whoever printed this was wise enough to print it black and white. Geez. Are they telling us that there will be blood if we don't change to new ID card?? What a scary world we live in??新しいIDカードを作って下さいとお知らせするために使用するには奇妙な張り紙とは思わないかね?一体何を考えていたのだろうか?まぁ、誰が張ったのか知らないが、カラーではなく、白黒でプリントしてくれたので、まぁせめてのもんだと思う。まったく...彼らは早く新しいIDカードに変えないと血を見るよでも言いたいのだろうか??何て恐ろしい世界だ。